私がブログを書く5つの理由【2020】

こんばんは、”美桜ひおり”です。

ブログを本格的に記していこうと思ったので、現時点の「書く理由」をまとめました。




過去にいろんなことを知りたい!
と思って勉強を始めた時、全くはかどらず、途中であきらめたことが多かったです。




続かなかった理由は、勉強をすることが目的になっていて、
「その知識で何をするのか?」がなかったからモチベが保てず、続きませんでした。

なので、今回はただブログに興味があって書くだけではありません。

わたしにとってどのようなコンテンツになるのかを想像して、
それを目指して書いていくようにします。



現時点の「書く理由」なので「2020」とつけました。
変わったときにはまた同じテーマで記事を書きます。

目次

①自分自身へのメモ書き



わたしは日記をつける習慣が昔からありません。

去年の自分は何をしていただろう?去年の自分より成長できたか?
覚えていないけど、給料も上がったし、去年よりはレベルの高い仕事をしている。

・・・気がします(笑)

成長した気になっているだけじゃダメだと思い、ブログで記していくことにしました。

会社員は進む時間がゆっくりです。
成長するスピード、長期プロジェクトで同じ作業が続く、収入が上がるのも1年に1回。


それにくらべ副業は数字ですぐに見えます。
こなした仕事の数、収入、PV、フォロワーの人数。

副業を本格的に始め早4か月目。
会社員だけの時より、状況の移り変わりを早く感じました。


わたしは数値で記録をみるのがモチベに繋がるタイプなので、
ブログで記録を分析してみるのはうってつけ。

また、わたしは本業・副業ともに、デザインを中心に活動しています。
なので、そういった専門的な知識を参考書を作るようにメモしていきたいです。

わたし自身もやった内容を忘れないように。

同じ境遇の人へメッセージ

わたしは会社員として仕事をしています。






嫌だけど辞めれない





というわけではなくて、やりたい理由があって続けいています。


とはいえ、今はジョブ型雇用に変わっていく時代。

今は辞めるつもりはないとは言いましたが、会社とwin-winの関係が崩れた時や
わたしが目的を達成したときは即会社を去る予定です。


いざ会社を辞めた時に困らないように、今からノウハウや収入源を蓄えています。

同じように「今は会社を辞めれないけど、副業で収入源を作りたい」


そう思っている方との情報共有ができればと思います。

ストック型の収入源の1つに

本業は”フロー型収入”です。

時間を削って働いて、その分収入が入ります。


なので残りの時間でやるべきことは、対照となる”ストック型収入”を育てること。

ブログはもちろん更新し続ける必要はありますが、低コストで始められ、失敗してもリスクが少ないです。

Web名刺となる

このブログにわたしの活動を記していくので、将来的に”名刺”代わりになります。

紙媒体のような名前と会社名しか書けないものよりは、とても濃厚な名刺になります。

デザイナーとしてはポートフォリオが名刺といっても過言ではありません。


ブログを兼ね備えた、ポートフォリオサイトとして、このサイトは成長していきます。

また、普段からブログやSNSに情報をオープンにすることで、
信頼度が増やしていくという目的もあります。

マーケティング力を身に着ける

マーケティング力を身に着けるのに、ブログは最適です。


マーケティング力は今後、何を売っていくにも必要不可欠なスキル。

今後の自分に大きくかかわる知識は身に着けるべきです。

会社では上の立場の人間にならない限り、マーケティング力を身に着ける機会はありません。

うちの会社もそうですが、人数も多く、デザイナーという立場なので、
とくにターゲッティングなどをすることがありません。


これは副業で自分ですぐ実践するべきだと思いました。


まとめ

ブログは低コストで始められ、これだけのメリットがあるのでやらない意味はありません!

可能な限り、毎日更新していきます。
もちろん、無駄に更新するのではなくしっかり分析・改善しながら。

読んでいただきありがとうございました!


明日も元気にレッツデザインライフ!





この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関西在住、20代後半女性です
本業はゲーム会社でデザイナーをしています

当サイト【みおうクリエイト】を運営中
・イラスト、アイコン作成
・動画作成、編集
・Youtubeチャンネル運用
をしています

ご依頼は【お問い合わせ】から!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次