【Orbital2】クリエイター向け左手デバイス「オービタル2」レビュー②

目次

初使用からショートカットをいじってみた

オービタル2を1回使ってみてから、自分に合ったショートカットにカスタマイズしてみました。

公式サイトに用意されているプロファイルを使ってみたり、他サイトを参考にショートカットを登録してみましたが、
実際使ってみると、自分の作業工程では使わなかったり、使用しづらい向きがありました。

使用感はこんな感じ

ステックを倒す、回すは右方向はやりやすいですが、左方向は使用しづらいです。
また、スティックを押し込むのもボタンが硬く、使用しづらいです。
FlatRingは、となりどおしは誤って押してしまうことが多い印象でした。

自分の入力しやすい部分に登録しなおすことも簡単なので、どんどん自分好みにカスタマイズしましょう。

初使用から自分の使いやすいようにショートカットを変更してみた結果、だいぶシンプルになりました。

ショートカット登録方法

windowsならタスクバーの右下からOrbital2のメニューを開くことができます。

【接続・切断】・・・Orbital2を動かしてみて反応がない場合はコチラで接続
【ガイド表示】・・・何をどこに登録したか、ガイドを表示できます
【設定画面を開く】・・・Orbital2の設定画面を開きます
【プロファイル】・・・ソフトによってショートカット集を作ることができます。それをここで切り替えます

ショートカットの変更は【設定画面】から行います。

【OrbitalEngine設定】・・・ステック部分の登録
【FlatRing設定】・・・フラットリング部分の登録
【GlowRing設定】・・・光の色を変えることができます

わたしは以下のように登録しなおしてみました。

【OrbitalEngine】


【FlatRing】

リング部分にもさらにフリックで選べるメニューを設定できます。
消しゴムやブラシを切り替えられるようにしています。

ブラシや消しゴムに切り替えすると、下記のパネル部分にブラシや消しゴムは表示されるので
画面から選択することができます

登録するショートカットをもっと駆使して登録すれば、パネルの数を減らして作業スペースを広げることが可能です。

「ClipStudio」では、ショートカットを使用するというよりかは、パネルから選択することが多かったので、
今回はこのように登録する数を減らし、シンプルにすることにしました。

が、パネルを減らし、作業スペースを広げるまだまだ登録するもの考える余地はありそうです。

まだ「ClipStudio」でしか使用していませんが、今後は別のソフトのプロファイルも設定してみます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関西在住、20代後半女性です
本業はゲーム会社でデザイナーをしています

当サイト【みおうクリエイト】を運営中
・イラスト、アイコン作成
・動画作成、編集
・Youtubeチャンネル運用
をしています

ご依頼は【お問い合わせ】から!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次