ディズニーの「アラジン」アニメと実写を見比べした

※この記事にはネタばれが含まれています。
※観たまま、ありのままに感じたことを書いています。解釈が間違っている点はご容赦ください。

最近YouTubeの動画を観ることが多く、映画観てなさすぎました。

目次

ディズニーの「アラジン」をみる

2019年に実写化され、あのジーニーって実写にできるの?!
え、CGじゃないの?!ウィル・スミス?!青?!で、衝撃を覚えました。

アニメのアラジンは、すごーく幼い頃に見た記憶がありますが・・・正直あまり内容は覚えていません。

(という作品はけっこう多い、ジブリとか)

どこでみれるの?

今はアニメ、実写どちらとも、下記サイトで見れるようですね。

ということで、思い立ったが吉日、私はAmazonプライム会員なので
アマプラで実写とアニメ両方レンタルしました。

まずは実写

実写でよかったと感じたのはストーリーですねー。

のちにアニメ版を見てから感じたことですが、人の気持ちにフォーカスしたオリジナル表現が増えていました。
ジーニーのその後の話や、王と家臣の絆、ジャスミンの心の声など・・・
実写というメリットを感じました。

アニメ版はもう27年前の作品ですし、表現が古いというか、子ども向けアニメです。

わたしのように、あの時子どもだった人をターゲットに、作られた作品のように感じます。

ウィル・スミスのラップがすごく効いてますね。

これはジーニーというか、ウィル・スミスなのでは笑

ディズニー映画はミュージカル節が入り、動きがなめらかなイメージがありました。

この映画のダンスシーンはどちらかというと、インド映画を思わせる、パキパキしたダンスでしたね。

そしてアニメ版を観る

やっぱりアニメはディズニーならではのアニメーションが本当にすばらしいですね。
とくにオウムのイアーゴがいい動きしてました!


ところどころ実写でみた光景や音楽、さっき見たばかりですが懐かしい。

こう観ると、実写版はアニメをリスペクトしつつも、実写オリジナル要素がしっかり入ってるんですね。

アニメの内容を覚えていなかったので、実写をはじめみたとき???となっていたキャラ設定などが補間されました。
ジャファーが魔法のランプを探す話や、ジャファーが完全に大蛇だったこと。

アニメは初めから完全に悪役話がありましたが、実写では悪役であることが隠されていました。
見た目も、アニメでは完全に悪い顔してますもんね。

最後のジャファーとの戦いのシーンは、蛇にはならないんですね?
あくまでジャファーという人型をとどめていたように思いました。

全体的にCG表現が少ないように思えましたし、あくまで実写ベースでということなんですかね。
(もちろん、魔法の絨毯は完全にCG?ですが)
アニメとの差別化がされていてよかったと思います。

アニメではやはり、ディズニー独特のすばらしいなめらかな生き生きとしたアニメーションや誇張表現が生かされますが、
実写になると人間味が増すというか、ロマンスやプラスのストーリーがすごく良かったです。

他の実写版とアニメ版の見比べもしてみたくなりました。

ムーランとか、マレフィセントもみようかなー。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

関西在住、20代後半女性です
本業はゲーム会社でデザイナーをしています

当サイト【みおうクリエイト】を運営中
・イラスト、アイコン作成
・動画作成、編集
・Youtubeチャンネル運用
をしています

ご依頼は【お問い合わせ】から!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる